2015年04月03日

コンペに出せればすぐCDになる?





僕はとある音楽団体に所属して作曲活動を始めました。


その団体は、作曲家のマネージメントを長くやっていた方が始めたもので、

一曲につき2000円で楽曲に対してアドバイスをしてくれ、
良い曲は登録楽曲となり、登録楽曲は機会があればコンペに提出してくれる、

というシステムでした。


そのアドバイスは、「どうすればコンペに通るか」という実践的なものでした。

僕もそのアドバイスに従って楽曲を直し、何曲か登録楽曲になり、コンペも数回提出して貰えました。

自分の曲はコンペに出せば、すぐ採用になってCD化される、と思っていました。



ところが、なかなか採用されません。

なんで採用されないのか?これはおかしい。



ある時、プロの作曲家のデモを聴く機会がありました。

とてもかっこよくアレンジされていました。自分にはとてもそんなアレンジはできません。

それでもまだそのままCDにはできない、ラフなものでした。

メロディもとても心地よく、自分には思いつかないような展開をするんだけど、とてつもなく良い。

曲全体が聴いていてとても引き込まれるのです。

もう自分の作ったデモとは雲泥の差でした。

こんなクオリティの高いデモを向うに回して採用されようだなんて、100年早い、という感じ。



その時に初めて、自分が今いる場所と、コンペ採用までの距離がどれくらいあるのかを思い知ったのです。

その距離は果てしなく遠く感じました。

でも僕は、いつか自分にもできると思った。そして実際できました。

その距離をどうやって埋めていったのか?おいおいこのブログに書いていきますね。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!












posted by otoneko at 10:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 夢を諦めるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分にできることは何か?






若い頃は、何でもやりたいし、色々目指しても良いですよね?

僕も最初は、バンドでプロデビューして、売れたらアイドルや他のアーティストにも楽曲提供する。
バンドではボーカルギターを担当し、作曲も担当する。
そんなマルチプレイヤーを目指してました。

でも、就職したり、結婚したり、子供ができたり、、、だんだんできないことも増えてきます。

若くなければできないこともあります。アイドル性が求められるようなことは、まずできなくなる。

容姿端麗でなければできないこともあります。これも頑張っても限界があります。

演奏だって、余程才能が無い限り、ハードに練習しなければなりません。

もちろん作曲だってそうです。


僕の場合は、30歳頃までは、バンドでプロデビューしたいと思っていました。
でも30歳過ぎたら、もう自分が表に立って売るのは無理だと思いました。

それでバンド活動は辞めて、作曲に集中することにしたのです。
それならできると思った。

もう若くないから、就職したから、結婚したから、、、と音楽そのものを諦めてしまう人も沢山いると思います。
でも、諦める前に、今の状況でも続けられることがあるのでは?もう一度考えてみては如何でしょうか?

自分にできること、できないことを見極めて、できることに集中する。
できることは、どうすれば続けられるかをとことん考えて、何としても続ける。

そうすれば道は開けると思うのです。


■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!









posted by otoneko at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢を諦めるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。