2016年05月30日

コンペに参加する上で気を付けたい事






コンペに参加する際には、事務所や団体から参加する上での注意事項や禁止事項の説明があります。
そのことは必ず守ってください。
その約束事を守れないと、以後コンペに参加できなくなってしまいます。

一般的な約束事については、ちゃんと説明されるのでここには書かないことにしますね。

ここで書きたいのは、フリーで活動する時に陥りがちな、落とし穴的NG行為についてです。


そのNG行為とは、

同じアーティストに対して、複数の事務所・団体から曲を出すこと

です。

例えば、あなたが、コンペをくれる音楽団体に複数所属していた場合、
「A」というアーティストに対するコンペ情報があの団体からも、この団体からもくるダブって来る場合があます。

この、「A」というアーティストに対して、先月はこっちの団体から出したけど、今月はあっちの団体から出す、
ということは避けた方が良いです。

同じコンペに対して、同時に複数の団体から出す、というのは当然ながらNGです。


色々な団体から提出してくる作家は嫌がられる傾向があります。

これにはいくつか理由があると思われます。

・作曲家に連絡を取りたい場合は、どこの事務所に連絡すれば良いのか混乱する
・契約はどの事務所とするのか?不明確になる
・何かトラブルが起きた時、正式な窓口はどこになるのかはっきりしない

僕も、契約する側(レコード会社や出版社)ではないのではっきりとは言えないのですが、ざっとこんな感じではないかと思っています。


せっかく実力があっても、このようなことで嫌われては勿体ないですよね。





■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!








posted by otoneko at 08:31| 活動の場は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

楽曲コンペにチャレンジできる場所






メジャーのコンペに参加するためには、作曲家事務所へデモを送り、認められてコンペ情報を貰う、というのが真正面からの方法なのですが、

作家事務所からの反応がなかなか得られない場合もあります。


作家事務所からの反応を得られるまで、自分の楽曲のレベルアップに努めるのは大切なことですが、

どうしても今すぐコンペに参加したい!

という場合は、メジャーのコンペ情報を貰える音楽コミュニティ、団体に入会することでコンペに参加できるようになります。

また、「仲間を見つけよう」でも書いたような「切磋琢磨しあえる仲間」が見つかる可能性も大きくなります。



僕が知っている団体で、MUSIC☆PORT JAPAN(MPJ)という音楽コミュニティがあります。

作曲家事務所とパイプがあり、実際にメジャーアーティストの楽曲コンペに参加できます。
メジャーのコンペだけで月に10件以上はあります。

コンペ以外にも、作詞作曲やmixのワークショップ、
大手レコード会社のディレクターやプロデューサーを招いてのデモ公開オーディションなど、
様々なイベントがあります。


また、僕も以前会員だった、songbankというところもあります。

こちらは、作曲家育成がメインですが、コンペもたまにあるようです。

楽曲のアドバイス等を受けながらレベルアップし、コンペに参加する感じになると思います。

作詞作曲勉強会(ワークショップ)は東京だけでなく、名古屋、大阪、福岡、札幌でも開催されますし、マンツーマン指導コースもあります。


MUSIC☆PORT JAPAN(MPJ)songbankどちらについても、
活動内容、コンペ採用実績、および会費等の料金については、
それぞれのHPにて、または直接問い合わせて、必ずご自身で確認してください
(ブログ執筆時点とは変わっている可能性もありますし、僕の記憶が間違っている可能性もありますので)


ここでは、僕が実際に入会して、「これは他の人にも勧められる」と思ったところを紹介したのですが、他にも色々とあると思います。


「楽曲 コンペ 募集」というワードでネット検索すれば沢山ヒットしますので、皆さんも探してみてください。

そして、自身に合った活動ができる場所を探し当ててください。





■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!







posted by otoneko at 12:17| 活動の場は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

無計画な音楽活動が、大切な人との時間を減らす





音楽活動に、会社やビジネスで行っているスケジュール管理の考え方を持ち込むことに、違和感を覚える方もいるかも知れません。

ですが、働きながら作曲するのは、ただでさえ時間がないわけですよね?

隙間時間を縫って如何に効率的に作曲していくかが重要な訳ですから、やはり管理は必要です。



例えば、曲ができないからと言って、デートの約束を断れますか?

例えば、お子さんとの約束を破れますか?

家族のイベントをキャンセルできますか?

無計画な活動の結果、大切な人との時間を失うかも知れないわけです。

そうならない為に、スケジュールを作って進捗を管理していくことはやはり必要ではないでしょうか?


曲もデートも、どちらも外せませんよね。





■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!









posted by otoneko at 08:00| スケジュール管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする