2013年08月21日

どうしても諦めきれなかった音楽の夢




学生時代にバンド活動していましたが、大した結果も残せず、音楽でやっていくにはどうしていいかもわからなかったので結局は就職しました。

2,3年は夢中に働きました。
SEも面白いですよ。だって、趣味でPCやプログラミングやってる人がいる位ですから。
そういう人から見たら、僕は「趣味を仕事にした」羨ましい人なんです。

でも僕は元々プログラミングなんて全く知りませんでしたし、自分のやりたかったことでもなかったのです。

就職して5年位経つと仕事にもなれ、仲間とバンド活動を再開しました。
仕事もあり、家庭もある人間もいましたから、当然趣味バンドです。

趣味のバンドは僕にとっては物足りませんでした。
集まって、演奏して、酒飲んで、終わり。
上手くなろうとしませんし、音楽を追求しようという気持ちが弱いのです。

忙しく働く日々はそれなりに充実してました。
でも、この仕事は肉体的精神的に追い込まれます。
何もかも犠牲にして、ひたすら納期目指して走り続ける。

…オレがやりたかった事って、こんなことだっけ?

僕の中で、「音楽を追求しながら生きたい!」という欲求が大きくなっていきました。

「オレがやりたいことは音楽だ!」

だったら、それを追求して行こうと決めたのです。

それには除外しなければならない障害が色々ありました。

その障害をどうやって乗り越えてきたか?このブログに追々記述していきますね。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから









posted by otoneko at 11:33| Comment(0) | 夢を諦めるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: