2013年08月27日

ブラスバンドに入る




高校に入学すると同時にブラスバンドに入部しました。

ブラスバンドではテナーサックスを担当しました。

ブラスバンドは結構辛かったです。
本気で音楽をやると、辛くなるものなんです(笑)

どれだけ練習しても、できないこともありました。

でも、今の僕があるのは、ブラスバンド時代があったからです。

とにかく、音楽漬けになれました。

それまでは余り触れることの無かった音楽にたくさん触れ、
さまざまな楽器の生の音を聴き、特性を知ることができました。

そして、徹底的に基礎トレーニングしました。

メトロノームに合わせて、正確なリズムを刻めるようになること
周りの音を聴いて、正確なピッチで演奏できるようになること

特にこの二つは徹底的に練習しました。


アマチュアミュージシャンは、とかくリズムや音程の正確さを甘く見ています。
まずは正確なリズム、音程、ダイナミクス。これらがしっかりしていてこその感情表現なのですが、それが全くわかっていない人もいますね(汗)

ブラスバンドで僕は、美しい音楽のためには地道な基礎トレーニングが欠かせないことを思い知ったのです。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!










posted by otoneko at 16:31| Comment(0) | 筆者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。