2014年12月26日

挫折





インディーズ系のヘヴィメタルバンドで活動していたのですが、実は音楽以外のストレスをかなり感じていました。

まずはバンドメンバーとしてのキャラクターを演じなければならなかったことですね。
当時流行りのキャラクターというのは、必ずしも僕がやりたいこととは一致していませんでした。
化粧したり、派手な衣装を着たりも良いのですが、方向性が微妙に違っていて内心恥ずかしかったのです。
バンド内でもあまり自分の意見は通らなかったように記憶しています。

また、ライブの後は、ファンの子達を連れて、皆で必ず居酒屋に飲みに行きます。打ち上げというヤツですね。
居酒屋で飲んでる分には構わないのですが、当時僕はアパートで独り暮らしをしていましたから、店で飲んだ後は決まって僕の部屋へ来て朝まで大騒ぎです。
近所迷惑になりはしないかと気が気じゃなかったですね。

そして、皆なかなか帰りません。
朝帰ってくれるならまだしも、ひどい時は夕方までダラダラといたりします。
こちらはライブで好きでもないキャラクターを演じて疲れ切っているのに、さらにまだ追い打ちを掛けられているようで、本当に疲弊してしまいました。

そんなことに翻弄されているうち、果たして自分はこんな世界に向いているのだろうか?と疑問を感じ始めました。そしてついにバンドを脱退することにしました。
今から思えば、そのようなストレスをうまくかわしていくこともできたと思うのですが、まだ子供だったんですね。。。

そして、どうすればプロになれるかもわからないまま、大学も4年になってしまったのです。

僕らの時はバブル期でしたから、就職活動も楽でした。確か大学4年の10月位に何社か回って内定をもらいました。

自分の場合は「とうすればプロになれるのかわからなかった」これが大きかったと思います。
結局、就職することを選び、プロになる夢は終わったのでした。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!










posted by otoneko at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 筆者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。