2015年04月14日

作曲させてくれるならどんな曲でも作ろうじゃないか




作曲を始めたばかりの時って、自分の得意な曲、好きなジャンルの曲ばかり作曲したがるんですよね。

僕は元々ロックの人間ですから、最初はアイドルなんてやりたくないと思っていました。

アニメの曲も同じです。

寧ろそれらを一段低くみていたんでしょうね。

しかし、「コンペはなかなか通らない」にも書きましたが、アイドルやアニメにさえも一向に採用にならない。

選り好みしていると、それだけチャンスや自分の曲を提供する機会が減るわけです。

また、その裏返しで、色々なジャンルに対応するだけの実力もないということに気付かされました。



だったら、どんなジャンルでも研究して、対応できるようになろう!少ないチャンスを生かすために、逆に、どんな曲でもやってやろう、と思うようになりました。

アイドル、演歌、シャンソン、劇伴なんでも選り好みせずにやりたい。


自分が今までよく知らなかったジャンルを研究し、対応できるようになると、楽しいですよ。

現在はむしろ、初めて聴くジャンルの曲に挑戦できるのが嬉しいほどです。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!







posted by otoneko at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢を諦めるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック