2015年06月22日

周りの人達に宣言しよう(ただし会社ではひた隠しする!)





このブログを読んでくれている皆さんは、ご結婚されているでしょうか?

お子さんもいらっしゃるのでしょうか?



サラリーマンが働きながら音楽活動する時間を確保するには、周りの人にも理解してもらう必要があると思います。

自分がどれくらい真剣に作曲活動をしているのか?

本気でプロでやっていこうと思っていること、
音楽の為に血の滲むような努力をする覚悟があること、
その道を目指すために、普通の人なら、普通に楽しんでいることも犠牲にする覚悟があること、

それらの覚悟を周りの人にはっきりと宣言し、また、その覚悟を行動で証明してください。



僕の場合は、子供ができたら音楽活動する時間が無くなる、そのために子供はいらないと思いました。

なので「子供ができると音楽活動を諦めなければならなくなるから、子供は作らない」と宣言しました。
(なかなか言えない相手もいたのですが)


「子供は素晴らしいよ」「子供がいたら他には何もいらないよ」「子供は宝だよ」

よくそう言われました。

そう思う方は、どうぞお子さんを作り、可愛がって、音楽活動は諦めてください。

僕はいりません。

おっと、言い過ぎましたかね?すみません。



僕は酒も飲まない、会社の飲みにケーションはすべて断る、タバコも吸わない、ギャンブルしない、テレビも見ない、映画も見ない、車も乗らない、旅行も数年に一度しか行きません。

かつては、結構やっていた時期もありますが、音楽活動の時間を作るためにやめました。

こういうのは周囲にも熱意や覚悟として伝わるんですね。

自然と僕の音楽活動を応援してくれるようになりました。周りの理解を得られると、さらに音楽活動の時間は取りやすくなります。


ただし!

僕は、会社では音楽活動をしていることを、同僚や取引先には一言も言ってません。

なぜかというと、「あいつは音楽活動にウツツを抜かして、仕事がいい加減だ」という攻撃材料にされないためです。

もしそうなったら逆効果ですよね?音楽なんかやめちまえ、っていう圧力が掛かってしまいます。

会社には、会社の仕事を一生懸命やっている人がいます。

そういう人と同じだけ給料を貰っているわけですから、、、、。



周りの状況というのは人それぞれ様々だと思いますが、無い時間を絞り出して継続して音楽活動するためには、周囲の理解はあった方が良いです。

それぞれの状況に合わせて工夫してみてください。きっと良い方向に向かうと思います。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!







posted by otoneko at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間確保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。