2015年10月22日

モニタースピーカー






僕が使用しているモニタースピーカーは、ADAM A5Xです。

モニタースピーカーは、普通のオーディオ用のスピーカーとは用途が違います。

普通のオーディオスピーカーというのは、音楽を心地よく聴けることが重要ですが、モニタースピーカーは、すべての音域がバランス良く聴こえることが重要です。

また、ミックスやマスタリングで使用する訳ですから、音の細部まできちんと再生できるものが良い訳です。

この辺り、選択を誤ると、楽曲の仕上がりに影響しますから重要です。


僕がモニタースピーカーを選択するにあたり考えた条件こんなところです。

・自宅で使えるサイズ
・音域のバランスが良い
・特にハイエンドの解像度が高い

自宅で使えるサイズだとそんなに大きいものは無理ですから、ローエンドについてはヘッドホンで確認することにしました。

それで最終的に、以下の3機種に絞りました。

ADAM A5X
GENELEC 8030B
KRK VXT4

これらを、実際に楽器屋にいって聴き比べて、一番印象がよかったのが、ADAM A5Xだったんですよね。

GENELEC 8030Bについては、ちょっと高音域がモワついている印象、
KRK VXT4については、逆に低音域が強調されすぎていると思いました。

勿論、この2つのスピーカーもジャンルによってはかなり強力なモニターができると思うのですが、僕のようにオールジャンル対応を目指す作家にはADAM A5Xが向いていると思います。

モニタースピーカーって凄く重要です。今までは聴こえなかった音が、このスピーカーを買って聴こえるようになりました。

当然、楽曲のサウンドメイクにも影響します。このスピーカーでミックスした曲を、事務所の人に聴かせたら「あれ、すごくバランスが良くなったね!」と言ってました。

スピーカー一つでミックスが劇的に変わるんです。

皆さんも是非、自分にあったモニタースピーカーを選んでください。


ADAM A5X (ペア) 【数量限定特価】

ADAM A5X (ペア) 【数量限定特価】
価格:93,960円(税込、送料込)







■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!
カフェトークにてレッスン始めました!








posted by otoneko at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。