2016年06月05日

レンタルCDの利用(ネット定額)





作曲家は常に研究する必要がありますし、そのために音楽を沢山聴かなければならないですね。
世の中の音楽をすべて頭の中にインプットする!」でも書いたように、
今まで聴いてこなかったアーティストを聴こうと思ったら、膨大な量になります。

当然のようにレンタルCDを利用することもあると思います。

ですが、いちいち店舗に行って目的のCDを探したりするのは時間が勿体ないですね。
また、店舗へ行くと、余計なものに目を惹かれて結局色々見てしまい、一時間位掛かってしまうこともありますね。

それにレンタルCDショップの店員って、態度悪いと思いませんか…?
(おっと、関係ないですかね)


一分一秒でも惜しいので、僕はレンタルは月々定額料金のネットレンタルを利用しています。
webページから借りたいCDを申し込むと、自宅に届く、というものです。
返却はポストに投函するだけです。返却確認が行われると、次のCDをレンタルできます。

一番多い時は、月24枚+旧作CD旧作DVD借り放題の定額セットを利用していました。

こうしてレンタルしたCDをiPodに入れて、毎日通勤時間に一枚聴いていました。


難点は、郵送ですから、申し込んでから届くまでちょっと時間が掛かることです。
そういう時は、店舗へ借りに行くか、YOUTUBEで済ますか、ですね。

僕は月24枚セットを2年程続け、その後12枚セットを2年程続けました。

そうしたら、コンペで知らないアーティストがリファレンスになっていることは少なくなりました。
それだけでも時間と気持ちに余裕が持てますね。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
カフェトークにてレッスン始めました!









posted by otoneko at 15:10| 研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする