2017年05月11日

mp3は聴いてはいけない






皆さんは、ituneでCDを取り込むときのファイル形式って、どうしてますか?

どうしてるって何よ?mp3に決まってるでしょ?
と思った人、いませんか?


mp3とは決まってませんよ。音楽ファイルの形式は色々あります。

wav,aiff,wma,apple lossless,aacなどなど…
とはいうものの、mp3は一番代表的なファイル形式です。
大抵の場合はmp3を使っているのではないでしょうか?

僕はwav形式か、apple losslessにしています。
wavは、CDに入っている情報が失われることなく変換されます。
aiffも同様です。
apple losslessは、一旦情報が圧縮されるためファイルサイズは小さくなりますが、
再生する時に復元されるので、こちらもデータ喪失はありません。


mp3は、データを間引くことによってファイルサイズを小さくし扱いやすくしています。
人間が認識しにくい範囲でデータを間引いています。
音質も「可能な限り」原音に近いものが保持されます。
あくまでも「可能な限り」なんです。


どれくらいデータが間引かれているのかは、「ビットレート」をみればわかります。
この数字が大きければ大きい程、音情報が沢山詰まっている、ということになります。

mp3の最高ビットレートは320kbpsですが、wavファイルは1411kbpsです。
圧倒的に違います。

情報量では圧倒的な差があるのですが、そうは言っても、320kbpsなら聴覚上は殆ど違いはわかりません。
しかし、それなりの再生装置で集中して聴くとわかります。
さらにビットレートが下がって行くと、音質的には厳しくなっていきますね。

mp3は情報を間引いている分、やはり音が薄くなってしまいます。
高域の艶や、音の立体感が損なわれます。
リバーブの広がりや、低域の締まりが失われています。

これは、CDに込められているアーテイストの意図も同時に失われている、と言えないでしょうか?
勿体ないですよね?

趣味ならmp3で良いでしょう。でもプロの作曲家を目指すなら、CD原音に近い音で聴きたいものです。




■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
■よさこい楽曲制作のブログもよろしくお願いしますOtonekoよさこい!
カフェトークにてレッスン始めました!








posted by otoneko at 08:57| 研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

CDは宝の山だ!






音楽を聴く、ということに関しては、CDじゃなくても、YOUTUBEで聴いても良いし、定額配信サイトを使っても良いし、無料アプリを使っても、十分聴けます。
しかし、これまでこのカテゴリに書いてきたように、「研究する」という意味ではCDに勝るものはありません。


メロディやコード進行だけならYOUTUBEでも十分把握できます。
だから、YOUTUBEも価値がないとは思わないのですが、

より細かいディテールや、アーティストや制作者の意図を正確に汲み取りたいなら、絶対CDだと思うのです。

各トラックや、ボーカル、コーラスをどのような空間に配置しているのかは、どのトラックにどれくらいコンプを掛けているのか、リバーブをどのように使っているのかを聴きれないとなかなか再現できません。

このあたりの情報は、YOUTUBEではなかなか再現できていないのです。
いつもYOUTUBEで聴いている曲を、CDで聴いてみてください。
レンジが広く、立体的に、豊かな響きで聴こえるはずです。

サラリーマンの我々が、プロ作曲家として活動しようというのですから、楽曲を勉強するなら、すべての情報が聴き取れる状態で行った方が良いです。

じっくり聴けば、CDの中に様々な宝が隠されていることに気づくでしょう。



■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
■よさこい楽曲制作のブログもよろしくお願いしますOtonekoよさこい!
カフェトークにてレッスン始めました!








posted by otoneko at 08:01| 研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

自分の強みを知る








以前、本で読んだのですが、
「強み」というのは「努力や無理をしなくても出来てしまうこと」の事なんだそうです。
確かに、人間は千差万別ですから、
僕が何気なくやっていることも、他の誰かはどんなに努力してもできないかも知れないですよね。
逆に、あなたが何気なくやっていることも、僕はどんなに頑張ってもできないかも知れません。

できない人から見ると、とてつもなく羨ましく思えたりするんです。

当の本人は努力も無理もしなくて当たり前に、普通にできますから、その事が「強み」であると自覚しにくいです。
あなたの強みは何ですか?そう聞かれたときに、すぐに即答できる人は案外少ないのではないかと思います。


作曲家でも「強み」を持っていることは重要です。
他の作曲家と如何に差別化するか?如何にアピールするか?
「強み」を持っている、自覚していると、強力な武器になります。


しかしながら、先ほど書いたように「強み」として自覚できずに、「強み」を活かしきれていない場合が多いです。

じゃあ、どうやって「強み」を自覚するか?第3者に曲を聴いてもらえばいいんです。
できれば信頼できる「プロ」に聴いてもらってください。
それも一曲ではなく、できるだけ沢山聴いてもらってください。
そうすれば、自分の個性が大体見えてきます。

僕もそうすることによって自分の「強み」を自覚することができました。

例えば僕の強みは

・自分で仮歌を歌える
・ギターを自分で弾ける
・バンド編成の作曲、アレンジが上手い
・中でもギターアレンジが秀逸

これらは特に努力もせずに身についたスキルです。
元々好きで、ずっと若い頃からやっていたからなんでしょうが、これらに関しては別に何となく作っても結構高い評価を受けることが多かったんです。
他人から評価を受けて、初めて強みとして自覚することができたんですね。

皆さんの強みは何ですか?


■このブログの目次に戻る
■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■ご依頼・お問い合わせはこちらから
■よさこい楽曲制作のブログもよろしくお願いしますOtonekoよさこい!
カフェトークにてレッスン始めました!








posted by otoneko at 12:00| 研究活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする